読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楓の詩~カエデノウタ~

娘と歩む人生。想いを綴るパパの雑記ブログ。

【楓の詩】朝は笑顔で。

楓の詩・想


f:id:kaedenouta:20170327230808j:image

「今日も一日あっという間だったなあ。」

 

夜、仕事を終えるとそんなことを想う。毎日があっという間に過ぎていく。良いことなのか悪いことなのか、よくわからないけど。どっちかというと良いことであってほしい。

 

「今日はどんな一日だった?」

 

 

夜になると。

f:id:kaedenouta:20170327231327j:image

常にやりたいことはたくさんある。あれもこれもやりたい。やらなければいけないこともたくさん。ふと、夜になると「今日はどんなことをやったっけなあ。」と 思う。

 

一日がとても充実していて、やりたいことをたくさんできた日はとても清々しい。でも、なんとなーく過ごしてしまった日はなんともいえないモヤモヤ感が漂う。どっちの場合も一日はあっという間。どうせだったらやりたいことをたくさん出来る毎日を過ごしたい。

 

それぞれのストーリー。

f:id:kaedenouta:20170327233047j:image

毎日電車を使っていると、 色んな人が目につく。夢中でスマホをいじってる人、読書をしてる人、仲良さそうに友達と話している人、物凄く疲労を感じてる人…その人たちはこれから家に帰る人もいれば、これから仕事に行くのかもしれない。それとも遊びに行くのかもしれない。人それぞれだ。

 

その人がなぜ、そこにいるのかなんて別に知ったこっちゃないけど、それぞれの人にはそれぞれのストーリーがあるんだろうなあと。

 

この一日に感謝を、そして朝は笑顔で。

f:id:kaedenouta:20170327233829j:image

人は皆、毎日さまざまなことをして過ごしている。 良いことも悪いこともあると思うけど、「今こうして生きていることだけで幸せ」そう思いたい。自分の場合は、家に帰ると愛する娘がいる、そして尊敬する妻がいる、可愛い黒猫の“つくし”もミニチュアピンシャーの“武蔵”だって待っててくれる。感謝をして一日を終えないと絶対バチが当たる気がする。

 

朝になるとまた一日が始まる。一日のスタートくらい笑顔で目覚めたい。笑顔って心がほっこりしない?そして笑顔でいると幸せになれるんだぜ。 

 

自分のストーリーは自分が主役。

 

 

 

このブログの著者

 

f:id:kaedenouta:20170220192202j:plain

おぐ

28歳。柔道整復師。趣味料理とミスチルと珈琲

平成28年の秋に生まれた娘、尊敬する妻、

愛犬ミニピン武蔵、愛猫黒猫つくしの5人家族。

仲良く元気にテキトーな日々を過ごしています。

ブログ内容もテキトーですが、テキトー

ゆったりとご覧いただければと思います。

 

▷著者プロフィールはコチラ!

▷おぐのTwitterフォローはコチラ!